• ホーム
  • ザイデナを媚薬として処方してもらえるか

ザイデナを媚薬として処方してもらえるか

カプセルを持っている手と瓶

ザイデナという媚薬は韓国の製薬会社が開発しています。
多くの媚薬が欧米が販売元であるのに対し、ザイデナはアジア圏なので日本人の体にも合っています。
頭痛や火照り、眠気などの副作用が出ることもありますが、これは一時的なもので体に負担をかけません。
ザイデナは取り扱っている病院は少なく、処方されるとしても前立腺肥大の治療の時だけです。
よって勃起力を高めたり勃起不全を改善したりする目的では処方されません。
媚薬として利用したい人は、個人輸入を利用するしかありません。
ザイデナは先発医薬品ですが、ジェネリック医薬品を買う時くらいの価格設定です。
バイアグラやレビトラ、シアリスなどの先発医薬品は、価格が高いので長期服用には向いていません。
価格が安ければ試しに使ってみようという人は多いので、始めて使った媚薬がザイデナというケースもあります。
ザイデナはレビトラのように速く効果が出て、シアリスのように長い時間続くのが特徴です。
そのため世界30ヵ国以上で販売され、バイアグラに続くシェア第2位を誇っています。
有効成分はウデナフィルですが、勃起を妨げるPDE‐5を抑制する点はバイアグラなどと変わりません。
食事の影響をほとんど受けず、服用前に菓子パンを食べても効果を実感できます。
持続時間が長いとされるシアリスで36時間なので、ザイデナを服用すれば長時間性行為を楽しめます。
この薬は性欲を高める効果はないので、性的な興奮を感じない限り勃起することはありません。
前日の夜に服用して、翌日の仕事中に勃起するような不都合は起こりません。
1錠が100mgですが、ピルカッターで半分にして50mgを服用するだけでも効果が出る人もいます。

人気記事一覧