• ホーム
  • 勃起障害の治療薬と媚薬と名称について

勃起障害の治療薬と媚薬と名称について

葉の上にあるカプセル

日本では、勃起障害や早漏症、射精障害の様々な症状で悩んでいる男性が多いです。
勃起障害の治療薬は、大手製薬メーカーから販売され、日本でも多くの男性が利用しています。
病院や専門クリニックでは、勃起障害の治療にPDE5阻害薬を使うケースがほとんどです。
PDE5阻害薬を服用すると、血流が良くなり、陰茎海綿体に血液が流れ込んで勃起します。
PDE5阻害薬は、媚薬とは違います。
日本では、様々な名称を持つ媚薬が販売されています。
中には、怪しい製品も存在するので、注意が必要です。
PDE5阻害薬は、病院や専門クリニックで診察を受けて、勃起障害だと判断された場合に処方されます。
最近は、個人輸入代行会社を利用して、PDE5阻害薬を購入する人もいます。
ただ、個人輸入代行会社を利用する場合は、自己責任での使用となります。
インターネット上には、偽物も出回っているので、正規品のみを扱っている信頼できる会社を選んで購入することが大事です。
勃起障害の改善には、薬による治療と同時に、生活習慣を見直して生活習慣病を予防することも大事です。
生活習慣病は、勃起障害の原因になることが多いからです。
特に糖尿病や高血圧症は、血管にダメージを与えるケースが多いので、注意が必要です。
飲酒の習慣がある人は、アルコールの過剰摂取には気を付けた方がいいです。
アルコールを大量に摂取すると、脳の中枢神経の働きが弱くなり、脳からの信号を伝える機能に障害が出ることがあります。
脳からの信号を伝える機能が妨げられると、一時的に勃起不全を発症することがあるのです。
若い人の場合、ストレスが勃起不全の原因となることが多いです。
なるべくストレスを溜めないようにして、睡眠を十分取ることが大事です。

人気記事一覧